妊娠しやすいカラダ作り

 

妊娠にまつわるトピックスや、妊娠しやすいカラダづくり・妊娠しやすい環境づくりのヒント、そして妊娠お助けグッズなど、妊娠したい皆様に価値ある情報を発信していきます。


妊娠を行うには排卵し、受精し受精卵の輸送を行い、着床をする必要がある。これらのうちどれかが障害されると女性因子による不妊症となる。内分泌・排卵因子、卵管因子、子宮因子に分けて考えると理解しやすい。頻度として最も多いのは卵管因子によるものである。

女性不妊の原因とその検査方法、治療法は様々です。分かりやすく解説します。

ドクターは不妊原因を検査によって特定をします。主な検査の内容は以下の通りです。

女性の不妊検査方法

1)排卵障害:血液検査(ホルモンの量を測定して調べます)
2)キャッチアップ障害:卵管通水とAIH(人工授精)
3)卵管因子:卵管通気・通水、卵管造影
4)着床・内膜因子:エコー
5)子宮頸管因子:ヒューナーテスト
6)子宮因子:エコー、子宮膣部細胞診(ガンの検査)
7)セックスレス:問診
8)免疫因子:抗精子抗体検査・クラミジア検査